音楽狩り20170617

 

La Femme - Tatiana

youtu.be

 

この間来日してたらしいフランスのバンド。

女の子ボーカル、フレンチポップ、サイケサウンドが特徴のバンドですが、この曲は終始男どものアホみたいな合唱のローファイなサイケパンク。とても情熱的。

 

 TRONCO - Pez En Bicicleta

youtu.be

スペインのレーベルElefant Recordsの新人です。

結局こういう曲が一番良い。

全く売れなくても、存在することに意味のある曲。

 

Andy Akiho - Alloy

youtu.be

 おれはスティールパンの腑抜けた明るい音がかなり好きなんですが、

この曲のスティールパンは、何かの倉庫で大勢に、ただの「鉄」として暴力的に打ちのめされています。

 

CHICO MANN - ILUSION DE TI

youtu.be

Antibalasというアメリカのファンク・アフロポップバンドのギタリストのソロ作品。

今最も新しいアフロビートの形がCHICO MANNです。

 

 

 Willie J Healey - Subterraneans

youtu.be

最近すごいリピートしている曲。

みなさんにはこんな曲書く勇気がありますか?

MVだと尺が短いのですが、

音源はもっと長ったらしい為、より気だるく面倒臭く仕上がっています。最高。

ラストの「Yes I Do」が泣ける。

 

Katie Dey - Fear o' the Light

youtu.be

これも最近の大好きソングです。

声が好きすぎ。

エモーショナルをかなりの高解像度で音楽にできていると思います。

好き〜

 

 Chriatian marclay

youtu.be

Christian Marclayは映像作家であり、自らを「レコードプレイヤー」と名乗る変態アーティストです。動画にも確認できる様々な改造レコード(テープを貼る、中央からずれたところに穴を開ける、割って別なレコードと繋ぎあわせる)を駆使して、

まさしくレコードによる演奏をやり遂げています。

ちなみに、youtubeで観測できる彼の映像作品に「the telephone」という作品がありまして「映画の電話シーンをとにかくたくさん集めて繋げる」という大変助かる内容ですので、是非。